医療脱毛のキャッチコピーとして安心・安全とよく目にしますが、これはリスクが全く無いという意味での安心・安全ではありません。もし何か起きても医師がいるので迅速な対応ができるという意味です。

 脱毛は、クリニック・エステサロン問わず様々なリスクが伴いますが、1番メジャーなのは、火傷です。

 これはレーザーが黒色に反応して熱に変換されることを利用していることが原因で、通常は火傷するほど高いエネルギーで照射しないように細心の注意を払っていますが、日焼けで極端に肌が黒かったりするとその部位で熱に変換されてしまい、そのまま火傷になります。

 火傷で怖いのは跡ですよね。徐々に薄くなるとは言え、しばらく嫌な思いをしてしまいます。

 火傷の次にあるのはニキビができること(毛膿炎と呼ばれることもあります。)です。
 これは脱毛の照射によって肌のバリア機能が一時的に失われるためです。

 顔まわりや、うなじ、二の腕などにできます。 
 ニキビができやすい体質の人は気をつけた方がいいかもしれません。
 毛膿炎自体はニキビと一緒で2~3週間で治りますが、これも火傷と一緒で跡になることがあります。