未分類の記事一覧

 スキンケア講座>悩み別講座>脱毛・ムダ毛処理>脱毛サロンでの脱毛>レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?
レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?

 プロの手を借りて脱毛しようと考えるとき、大きく二つの選択肢があります。ひとつは、エステサロンや脱毛専門サロンでの脱毛。もうひとつは、美容クリニックでの脱毛です。

 サロン脱毛の主流は「光脱毛」、クリニック脱毛の主流は「レーザー脱毛」ですが、これらはどう違うのでしょうか?

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?
 光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、照射する“波長”が異なることです。レーザーは単一の波長で集中的に熱を集め施術するのに対し、光(フラッシュ)は複数の波長を含んだ光で広範囲に照射し施術します。
 レーザーは照射の威力が強いため専門医しか扱えませんが、光(フラッシュ)は出力を一定に制限しているため、誰でも安全に扱えます。そのため、レーザー脱毛はクリニックで行われ、光脱毛はサロンでも行えるのです。

 また、レーザー脱毛が「永久脱毛」をうたえるのに対し、光脱毛は半永久脱毛である「不再生脱毛」としか言えないという違いもあります。

 それでは、それぞれの特徴などを詳しく見ていきましょう。

光脱毛

 IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すしくみです。サロンによって呼び名が違い「光脱毛」や「フラッシュライト脱毛」などと呼ばれます。

 光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、肌への作用が緩やかで痛みが少ないという特徴があります。

 毛が生えてくる成長期に行うため、2~3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。これを約1~2年繰り返し、施術が完了します。

 最近は家庭用の光脱毛器械も家電販売店などで販売されており、価格は2万円台ぐらいからになっていますが、サロンで行う脱毛ほどの効果が期待できるかはわかりません。

レーザー脱毛

 ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛方法です。光脱毛が幅広い波長の光を使うのに対し、単一の波長のレーザーを用います。光脱毛よりも出力が高いため痛みを感じることがありますが、クリニックでは麻酔クリームを事前に塗ることで、さらに痛みを軽減させています。

 脱毛に使われるレーザーは医療従事者でないと扱えないため、脱毛サロンなどでは施術できません。毛周期に合わせて脱毛を数回繰り返し、5~6回で終了することがほとんどです。アフターケアを医師に相談できるというメリットもあります。効果が高いということもあるので、1回あたりの値段はサロンでの光脱毛よりも若干高めになっています。

 レーザー脱毛器も家庭用のものが販売されています。これは、医療機関で使われているものよりも出力を弱く設定し、医師でなくても扱えるようにしたものです。施術範囲が、メーカーが推奨する部位に限定されているものもあるようです。

 光脱毛もレーザー脱毛も、施術中の痛みは部位によって差があります。メラニンが濃い部分は反応が強く出るので、痛みを感じやすくなります。
 また、日焼け後の肌や、疲れていて肌が敏感になっている時はトラブルが起こることもあるので、場合によっては施術を断られてしまいます。施術を受ける際には、コンディションをしっかり整えて臨みましょう。

未分類

「脱毛」というとエステティックサロンなどで行うものと思っている人も多いかと思いますが、 レーザーなどを使った永久脱毛はあくまで医療行為なのです。

 法律によりエステでは医療機器の使用が禁止されているためエステティックサロンでは医療機関で扱っているようなレーザー機器は 使えません。
 エステで使う器械は出力が弱いため時間がかかったり、トラブルを起こすこともあります。

 クリニックで行う医療脱毛はひとりひとりに合った予算と期間を考えて、永久脱毛を行うようにしています。
しかし、医療機関ならどこでも安心、というわけではありません。
安全で確実な脱毛のためには、価格や派手な広告だけに目を奪われないことが大切です。

未分類

 夏になると肌の露出が増えてきて、脱毛クリニック・サロンもどんどん賑わってきます。
 しかし実際は、1度照射すればつるつるに脱毛できるわけではないので、夏から脱毛を始めたのでは間にあわなくなってしますのです。
 また、脱毛直後の日焼けは毛膿炎などのリスクを高めてしますので、日焼け止め対策さえ怠らなければ問題ありませんが、夏場に脱毛を始める場合、特に注意が必要です。

 先ほどもお話したとおり、脱毛は毛が生え変わる毛周期に合わせなくてはならないのですが、わたしが院長をしているリゼクリニックでは5回コースの施術を、少しずつ間隔を広げなら行っているので大体9~10月の秋ごろにはじめていただくことで、夏に間に合うスケジュールを組むことができます。
 秋から冬にかけては、1年を通して最も紫外線が少ない時期ですので、リスクがより少なくなる事もオススメできるポイントです。

未分類

 エステでも起こりうることですが、せっかく予約を取ったのに急な用事などでいけなくなった場合に追加でキャンセル料というものが発生してしまう事があります。

 しかもこのキャンセル料というのが結構高いのです。
 当然クリニックによって異なりますが、施術はしていなくても1回分を消化された上に1万円程請求されてしまう場合もありますので注意してください。

 また、通常は自宅でカミソリで施術する部位を処理してこないといけないのですが、忘れてしまったり、背中など手が届かなかったりするとクリニックで看護師さんなどにしてもらうことになります。
 このときにかかる料金を剃毛料といいます。

未分類

 医療脱毛はエステの脱毛に比べてエネルギーが高いのでその分痛みも増します。
 逆の言い方をすれば、痛みが有る方が効果があると思ってもいいかもしれません。
 なので、エステサロンでの脱毛を経験していて、「痛みはある程度想像つくし、私が大丈夫!」と思っている方でも、医療レーザー脱毛の痛みにはびっくりする方もいらっしゃいます。

 ですが本当に痛みに弱い方でも、クリニックでの脱毛なら麻酔を使用できるので痛みに関してはあまり心配いらないと思います。
 塗るタイプだったり、笑気麻酔(リラックス麻酔)といった歯医者さんでも使用している麻酔を使用できたりと、痛みに弱い女性に嬉しい設備があるところ医療機関ならではのポイントです。

未分類

 医療脱毛のキャッチコピーとして安心・安全とよく目にしますが、これはリスクが全く無いという意味での安心・安全ではありません。もし何か起きても医師がいるので迅速な対応ができるという意味です。

 脱毛は、クリニック・エステサロン問わず様々なリスクが伴いますが、1番メジャーなのは、火傷です。

 これはレーザーが黒色に反応して熱に変換されることを利用していることが原因で、通常は火傷するほど高いエネルギーで照射しないように細心の注意を払っていますが、日焼けで極端に肌が黒かったりするとその部位で熱に変換されてしまい、そのまま火傷になります。

 火傷で怖いのは跡ですよね。徐々に薄くなるとは言え、しばらく嫌な思いをしてしまいます。

 火傷の次にあるのはニキビができること(毛膿炎と呼ばれることもあります。)です。
 これは脱毛の照射によって肌のバリア機能が一時的に失われるためです。

 顔まわりや、うなじ、二の腕などにできます。 
 ニキビができやすい体質の人は気をつけた方がいいかもしれません。
 毛膿炎自体はニキビと一緒で2~3週間で治りますが、これも火傷と一緒で跡になることがあります。

未分類

脱毛を考えている方なら、ムダ毛はもう生えてきて欲しくないと思いますよね。そもそも永久脱毛の定義とは、「最後の脱毛終了から1ヶ月後の、毛の再成率が20%以下である脱毛法」とされています。無毛になることが永久脱毛だと思われてしまいがちですが、実際は全ての毛を無くさなくても永久脱毛といえるのです。
現在日本で施術を受けられる1番効果の高いと言われている永久脱毛は事実上針脱毛ですが、針脱毛は名前の通り毛穴に針を刺し電気で毛根を焼ききるという、想像しただけでも強い痛みを伴う脱毛法で、途方も無い時間と、肌へのダメージも伴う危険性があります。そこで現在主流となっている永久脱毛がレーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は、毛根細胞を高い割合で破壊することができ、全ての毛を完全に無くすことは出来なくても半永久的に脱毛の効果が持続するとされています。
きちんとした技術を持ったクリニックで、高い効果のある機械を使った施術を受ければ、永久的な効果は得 ることが出来るのです。

未分類

脱毛は1回施術をうければすぐ全身つるつるという訳ではありません。毛の生え変わりの周期である「毛周期」に合わせ回数を重ねて脱毛をすることで効果を得ることができます。もちろんその1回の照射でも一旦はツルツルになりますが、回数を重ねないと「完了」はできないのです。
医療レーザー脱毛では、2~3ヶ月の間隔で5回通うと半永久的な効果が得られるといわれています。クリニックでは、キメ細やかなカウンセリングにより正確に毛周期に合わせた脱毛が出来るので、より少ない回数で脱毛が完了します。3回目の照射(半年程度)から、ほとんど毛が目立たないレベルになってきます。
一方、エステサロンの脱毛では1回の効果が低いので、医療レーザー脱毛より多くの回数通わなければならないのです。一般的には、10回以上通うことでやっと毛が目立たなくなってくるといわれています。ですが、医療機関とは違い毛根の細胞を完全には破壊できていないので時間が経つにつれて、徐々に生え始めてきてしまうという人もいるようです。

未分類

脱毛は1回通っただけでは終わりません。現在皮膚の表面に見えている毛は全体の1/3未満ともいわれていて、脱毛はそれらの生えている毛にしか効果が無いので、全ての毛がばらばらに生え変わるスピードを考えながら照射のスケジュールを組み立てていかなくてはならないのです。
この毛が生え変わる際の成長サイクルのことを毛周期といいます。毛周期は部位によって異なるため、きちんと見極めることが脱毛の効果を高めることに必要なのです。レーザーそのもののパワーだけではなく、毛周期を見極めるために医師や看護師のカウンセリングを受診できることも、医療脱毛とエステサロンで効果に違いが現れる要因の1つだと考えられます。
医療脱毛の場合だと、1度の照射で現在生えている全ての毛に対してアプローチできますが、エステサロンなどの照射パワーが低い光脱毛などでは、1度は弱って抜けてしまってもまた生えてきてしまうので次に生えてくるのを待たなくてはいけません。その間に他の毛根も再生していって・・・・これが何年たってもエステサロンで脱毛できない理由です。

未分類

脱毛というと、テレビCMをしているミュゼやTBCなどの大手脱毛サロンをイメージする方も多いのではないでしょうか。そして、エステサロンと医療クリニックに、あまり違いが無いように思っている方も少なくは無いと思います。

実際、わたしの周りでも”レーザーは、お医者さんがいるからちょっと高いんじゃない?
“エステの方がきれいなイメージがするし、安そう!
といった声がよく聞かれます。

実際の違いはというと、医療レーザーは毛の根元にある発毛指令を出す細胞(正式には毛乳頭といいます。
)を破壊するのです。この発毛指令を出す細胞が無くなれば、今ある毛さえ自然に抜けてしまえば毛は生えて来なくなるというメカニズムなのです。
ここで重要なのは、この細胞の破壊という行為が法律で医療行為とされている点です。そのためレーザー脱毛は、医療機関でしか受診できないのです。
じゃあエステではなにやっているの?と疑問の声が聞こえて来そうですが、エステではこの発毛指令を出す細胞を破壊するのではなく、少しダメージを与える程度なのです。

未分類